痛風について

痛風は高尿酸血症を原因とした関節炎を来す病気になります。名称は痛みが風が吹くように味、肘、膝、肩、手、胸骨、など全身の関節、骨端を移動し、風が強くなったり穏やかになったりするように痛みが酷くなったり、和らいだり、を繰り返す、または吹いた風に当たるだけでも痛むことから命名されました。

症状としては関節に猛烈な痛みが起こり、発作や発熱を伴います。尿酸に結晶は比重が高く重力に引かれて足部に沈着しやすいため、痛風発作は足に好発します。

痛風の初期症状としては、足の親指の痛みとして出てくるのが大半となっています。特に足の裏の土踏まずの上の辺りにある親指の付け根部分が痛む人は70%いると言われています。

痛風発作でやってはいけないことは、患部を揉むことです。痛風発作で腫れ上がっている患部を揉んだり、さすったりしてはいけません。症状が悪化してしまうからです。

痛風に効く食材は、バナナ、トマトジュース、小松菜などです。尿酸を排泄することが大切なのでその効果が期待できるおすすめはサポニンという成分です。サポニン配合サプリを検討してみて下さい。

 

腎臓障害をひきおこす痛風を予防する方法について

痛風といえば、本当に関節の至る所に痛みが生じ、さらにひどくなると腎臓の機能にも障害が及ぼします。痛風は血液の中の尿酸値が高くなり、尿酸が体内に蓄積して結晶を作ることによってさまざまな障害が起こる病気です。

腎臓の機能が低下すると排泄機能が低下し、あげくの果てには人工透析を一生受けることになります。そうなると水分の制限も厳しくなり、生活上でもいろいろと不都合なことが生じます。

そこでこのような痛みややっかいな合併症をひきおこす痛風を予防するには、まず直接の原因である尿酸値を下げることが一番行うべきことです。それには運動の習慣を身に着けてダイエットを行うことも一つの方法です。

そして、食べすぎないように食生活においては節度を守り、こまめに水分を摂取することも忘れてはなりません。さらに日々の対策として、サポート的な役割を果たしてくれるサプリメントの使用をおすすめします。

サプリメントには尿酸を作り出すのを抑制したり、排泄を促したりすることが期待できる効果はもちろん、痛みを和らげるハーブといった成分にも注目です。いろいろな種類のサプリメントがあるので、自分に体質にあったサプリメントを探す事をおすすめします。

ただサプリメントは薬ではないので、利用するだけでは自動的に短期間で痛風の症状が治まるわけではありません。長い期間飲み続けることが大切です。何よりも日ごろからきちんとした生活習慣を身に着けることを決して忘れないようにすることです。

Published by